日本電子専門学校
専門学校東京都

パンフ追加

気になるリストに追加

日本電子専門学校の資料をすぐにもらう
日本電子専門学校 オープンキャンパス&体験入学

オープンキャンパス&体験入学

日本電子専門学校

  • 9月22日(日)/10月6日(日)・27日(日)
    【開催時間】
    分野別学科説明会(希望者のみ)…9:55~10:20
    学校説明・学科別体験授業…10:30~14:30(昼食付き)
  • CG・映像、ゲーム、アニメ、デザイン、IT、電気、電子などの分野から学科を選び、入学方法や就職実績など、様々な疑問を1日で解決できるのが「オープンキャンパス&体験入学」です。
    希望学科の詳細を確認したのち、実際に使用されている教室を使って体験実習!
    プロ仕様のコンピュータや機材・ソフトウェアをフル活用する体験授業では、学校の雰囲気はもちろん、授業の進め方や専門技術の学び方など、学科の詳細を肌で感じながら理解できます。

■有名作品の制作に多数の卒業生が参加!
映画『キングダム』『銀魂2』『名探偵ピカチュウ』『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『美女と野獣(2017)』『君の名は。』『シン・ゴジラ』、大ヒットゲーム『FF』『ドラクエ』『モンハン』『バイオハザード』『鉄拳』『龍が如く』『スマブラ』『ポケモン』『遊戯王』『戦国BASARA』各シリーズをはじめ、アニメ『ドラえもん』『妖怪ウォッチ』『ワンピース』『IM@S』『プリキュア』『Fate』『ハイキュー!!』『ソードアート・オンライン』『GRANBLUE FANTASY The Animation』『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』ほか多岐にわたる著名作品に多くの卒業生が参加。
IT分野では『LINE』、『Suica』、『Sony ブラビア』の開発プロジェクトや、電気・電子分野では『東京ディズニーリゾート®』『サンリオピューロランド』のテーマパークから、『JR東日本』『JR東海』『東京地下鉄』『京王電鉄』『羽田空港』『成田空港』、さらに『東京ドームシティ』やオフィスビル・教育機関・工場などの施設管理まで、様々な業界で卒業生が活躍しています。

■在校生の活躍!技能五輪国際大会“敢闘賞”、在学中にスクリーンデビューも
『技能五輪国際大会』『Yahoo! JAPAN 年賀状学生デザインコンテスト』『ACジャパンCM学生賞』『スマートフォンアプリ開発全国学生コンテスト』『U-20プログラミング・コンテスト』『情報通信配線技術フォーラム』『若年者ものづくり競技大会』等で入賞。第70回ヴェネチア国際映画祭特別招待作品『キャプテンハーロック』では学生がクリエイターとしてスクリーンデビュー。


■有名企業との連携授業 インターンシップも多数実施。教科書からは学べない“生きた学び”
企業や校内でプロのクリエイターやエンジニアから直接指導を受けるインターンシップや連携授業。プロの現場で必要な技術や仕事の進め方など生きた学びを経験。就職後のイメージが具体的に感じられる貴重なチャンス。


■有名クリエイターによる講演実績多数。東映アニメーション、カプコン、シスコシステムズ、日本マイクロソフトなど
CG、ゲーム、アニメ、デザイン、IT業界の第一線で活躍するクリエイターやエンジニア、採用担当者などによる特別講演会。業界の最新動向や必要とされる人材についてなど普段は聞く事ができない貴重な話しが満載。


■全100教室以上 コンピュータ2,000台以上。最高のパフォーマンスを導く学習環境
高い学習意欲に応える、最新で高性能なコンピュータを完備。プロ仕様の環境で技術を磨き、卒業後、即戦力として業界で存分に活躍できる環境があります。


■求人数3万人以上 学生1人あたりの求人倍率約39倍。求人倍率が違う。断然、就職に強い!
カプコン、バンダイナムコゲームス、GREE、Yahooなど約700社が参加する本校独自の合同企業説明会を開催。説明会に加え、本校内での入社試験も実施。毎年多数の学生が内定を獲得しています。

ごあいさつ

!日本電子!遅ればせながら
≪★Twitterはじめました★≫
公式アカウント / @nichiden1951
https://twitter.com/nichiden1951
≪(。-`ω-)日々ゆる~くツイート中です(-ω-。)フォロー宜しくお願い致します!≫

一人ひとり、未来へつなぐ。常に時代を先取りした教育を展開。産業界のニーズにいち早く対応し続けた、60年以上の人材育成。

学校からのお知らせ


第二期面談日2回目AOエントリー 9月1日よりスタート/面談日:2019年10月5日(土)
(投稿日:2019年8月27日)

第二期面談日2回目のAOエントリー期間が2019年9月1日(日)からスタートします!

【AOエントリー期間】
9月1日(日)~9月30日(月)

【面談日】
10月5日(土)

【出願期間】
11月1日(金)~11月30日(土)

【特典】
第二期:入学金20万円を除く入学手続時納入金の納入期限が2020年1月31日(金)まで延納可能

グラフィックデザイン科の学生が『ACA世界学生大会2019』にて入賞!
(投稿日:2019年7月10日)

 去る6月21日(金)、東京国際フォーラムにて『ACA世界学生大会2019』入賞者表彰式が行われ、グラフィックデザイン科2年生 家城 翔(いえき つばさ) さんが入賞しました。

 ACA(アドビ認定アソシエイト)とは、アドビ システムズ社のIllustratorやPhotoshopのスキルを証明する資格。『ACA世界学生大会』は、上記の資格を取得している学生対象のコンテストであり、「社会人として必要なスキルを要し、国際的に活躍できるプロフェッショナルへの育成」を目的として開催される世界規模の大会です。

 今年度の課題制作物は『ACA世界学生大会2020の参加者募集を呼びかけるポスター』。入賞した家城さんの作品はこちら。特に自由の女神像をアレンジした構成力と丁寧な配色が評価されて、見事入賞しました。

ゲーム制作研究科「アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」で優秀賞を受賞!
(投稿日:2019年2月18日)

 去る2月7日(木)、福岡アジア美術館にて、アジアデジタルアート大賞展FUKUOKAが開催され、本校のゲーム制作研究科の学生作品がエンタテインメント(産業応用)部門の優秀賞を受賞しました。

 今回で18回目を迎えるアジアデジタルアート大賞展は、発足時よりテーマを一貫して「論理的な思考を基盤にした高い芸術的感性」としており、アジアのデジタルコンテンツの創造を担う、高度な技能と豊かな感性を持つクリエイター発掘、育成の場としてスタートしました。今では、15の国と地域から705点の応募がある芸術展となっています。

 表彰式は2月11日(月・祝)に行われ、本校ゲーム制作研究科の作品『千住観音』がエンターテインメント(産業応用)部門の優秀賞に選ばれました。

 同作品は、3DCGにより忠実に再現された北千住の街が舞台となっており、北千住に住む北千住観音が様々なミニゲームをクリアしながら街を守り、住民を救う修行物語であり、そして突如現れた南千住観音から北千住の住民を守るという、アイディアとボキャブラリー溢れる、学生ならではの切り口で制作された作品です。

 同作品の他にも、本校には様々なジャンルの豊富な学生作品がございますので、是非オープンキャンパス&体験入学でご確認下さい。お待ちしております。

【情報ビジネスライセンス科】第9回文書デザインコンテスト3名同時受賞!
(投稿日:2019年1月17日)

 日本情報処理検定協会 (後援:文部科学省)が主催する第9回文書デザインコンテストで、 情報ビジネスライセンス科1年生の学生が以下の成績を収めました!

 今回のテーマは「20年前と現在」。コンテストの応募数はなんと1,299作品も寄せらせ、栄えある受賞となりました!!

○審査員特別賞
飯田 裕樹君 
金子 麻梨香さん

○佳作
土屋 翼君


 今回、Wordを中心に学習する科目「ビジネス情報システムⅠ」での日頃の努力が実を結びました。授業ではOfficeシリーズ(Word、Excel、PowerPoint)の基本操作と応用方法を学び、MOS(Microsoft Office Specialist)の資格取得を目指しています。
   
 同学科の昨年度就職率は100%!今年度もぞくぞくと内定しており、卒業生たちは営業、事務、販売、SE等の幅広い職種へ就職しています。

 なぜ、どんな業界でも必要とされるスキルが身に付くのか!?その秘密はオープンキャンパス&体験入学で!!


◆受賞作品◆

○審査員特別賞
「自動車業界を振り返る」
飯田裕樹君

○審査員特別賞
「冷蔵庫の歴史」
金子麻梨香さん

○佳作
「流行った言葉」
土屋翼君

ASIAGRAPH 2018 in Tokyoでアニメーション研究科の学生チーム2作品が優秀賞を受賞
(投稿日:2019年1月17日)

 第一線で活躍するアジアの研究者、クリエイター、学生が集い、先端技術の発表や作品の展示を行うCGイベント『ASIAGRAPH 2018 in Tokyo』。経済産業省と財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する『デジタルコンテンツEXPO2018』内のイベントです。
 このアジア最大のCGの祭典では、プロアマ問わずオリジナルの作品を公募・展示・表彰する『CG Art Gallery』というプログラムがあります。国内外から集められた静止画・動画を競うコンテストとして、業界からも注目されています。

 プロからアマチュアまで、数多くのクリエイターが出展した作品の中から、本校アニメーション研究科の卒業制作作品2点が優秀賞を獲得、また、アニメーション科とアニメーション研究科の卒業制作作品2点が入選として選出されました。同じ学校の複数作品が受賞しているのは日本電子専門学校のみ。昨年に引き続き2年連続の快挙となります。

 表彰式は『CGWORLD 2018 クリエイティブカンファレンス』の懇親会会場で行われ、懇親会に出席している数百人のクリエイターたちが注目する中、受賞した卒業生たちが照れながらも表彰状を手にしました。
 どれも楽しい作品ばかりです。アニメーションに興味ある方は、ぜひご覧ください。


◆受賞作品◆
ASIAGRAPH2018年度CGアートギャラリー
学生(25歳以下)アニメーション作品公募部門

○優秀作品○
『花嫁の雨』
齋藤浩登、関谷美菜子、國井彩香、甲田颯(アニメーション研究科)
https://youtu.be/Q_HFOFp_rp4

○優秀作品○
『Trip』
千装直樹、貝沼星乃、熊田明、中村健太、松本朔、馬文汐、山澤舞、吉井卓実(アニメーション研究科)
https://youtu.be/5y6coH_rBDE

○入選○
『恋はモウモク』
山崎爽太、青山広夢、新井駿、李恵仁、折原貴志、加藤崇朱、中條力斗、成田悠希、李朗賢、梁卓彦(アニメーション科)
https://youtu.be/PdHdQafzauk

○入選○
『クリスマス前夜祭』
権正瑛己、李文豪、中川美沙紀、高城航平、恵藤廉、高梨莉緒奈(アニメーション研究科)
https://youtu.be/oduZeylvBI8

産官学連携のワークショップに電気分野学科の学生が参加しました
(投稿日:2019年1月17日)

 去る10月27日(土)と11月17日(土)に、エネルギーインフラ業界の認知向上における広報戦略を考えるワークショップが実施され、本校電気工学科と高度電気工学科の有志の学生が参加しました。

同ワークショップには、経済産業省、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、一般財団法人関東電気保安協会、大学2校、専門学校2校が参加。

エネルギーインフラを支える人材(電気主任技術者、電気工事士)の確保に向け、業界横断的な認知度向上・入職促進を図る広報戦略について構想することを目的として、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社内のミーティングルームで開催されました。

 電気保安人材の主な職種である電気主任技術者と電気工事士をテーマに、前半はグループメンバー全体から意見を募り、イラストレーターが絵柄で意見を具現化しながら模造紙へ描いていく手法で進行。「ターゲットを誰にするのか」、「電気業界の魅力とはなにか?」、「業界の魅力を知るきっかけとは何か」など、活発な意見が取り交わされました。

その後、職種別に2グループ(計4グループ)になり、いままでに話し合った意見を元に、どのような広報活動が認知向上に適しているのかなど、各グループでディスカッションが行われました。

 最終的には、コマーシャルの絵コンテ風な紙芝居や即興の演技で、業界の魅力や仕事の面白さを伝える提案をそれぞれメンバーの前で発表しました。

 学校も組織の壁も越えたワークショップとなり、学生にとって大変貴重な経験となりました。

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3にて審査員特別賞を受賞しました!
(投稿日:2019年1月17日)

 去る11月17日(土)、東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3が、今年も東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて開催され、本校学生作品が見事入賞を果たしました。

 世界で通用する若手映像クリエイターの登竜門を作ることにより、将来のコンテンツ産業の中核となる人材の育成を目的とした東京国際プロジェクションマッピングアワード。今年のテーマ「JAPAN」とし、一次審査を通過した全16チームの作品が東京ビックサイトで投影されました。

 6,000名を超える観客者の前で、ノミネート作品が次々と上映。自身の制作した作品が投影されると歓喜する学生たちの姿が見られました。

 そして、ほぼ2年生以上で構成された他校チームの中、本校CG映像制作科1年生のチームWork Space(計15名)が手掛けた作品『紅』が、見事「審査員特別賞」を受賞しました。専門学校では本校のみが入賞するという快挙を遂げました。


<作品情報>
作品名:『紅』(3分間)/ チーム:1年生15名 / 制作期間:4ヵ月

<チームからのコメント>
ほとんどのチームメンバーが、入学前はプロジェクションマッピングアワードを知りませんでした。そんなチームからスタートし、15名を9グループに分け、1つの作品を作り上げました。15名という大人数のチームだったので、意見をまとめることが一番大変でした。ですが、日本電子に入学して半年ほどで、まさか1年生の時に入賞できるとは思いもよらず…。嬉しいですし、驚きが隠せません!

第42回 東京都専門学校卓球選手権大会 団体戦で3位を獲得しました
(投稿日:2019年1月17日)

 去る10月17日(水)、第42回 東京都専門学校卓球選手権大会(会場:駒沢オリンピック公園)にて、本校卓球部が団体戦で3位を獲得しました。
 前年度の成果でシード権によりアドバンテージはありつつも、団体戦では通常4名のところ3名で参加の中、各部員が奮闘。見事入賞を果たしました!今年度は全国大会にも出場予定です。

「新宿クリエイターズ・フェスタ2018」にグラフィックデザイン科が出展しました!
(投稿日:2019年1月17日)

 2018年9月19日(水)~22日(土)、「新宿クリエイターズ・フェスタ2018」(東京都健康プラザ ハイジア)にて、グラフィックデザイン科が出展しました。

 「新宿クリエイターズ・フェスタ」とは、新宿区周辺の公共施設等を利用したアートイベント。アートを通じて、誰もが文化・芸術を身近に触れることができるフェスタです。

 作品のテーマは「インタラクティブ・体験のデザイン」。遊び心をくすぐるような、目で見て、触れて楽しい作品を展示。もちろん、すべて在校生の作品です。ご来校いただいた方々には、在校生の生の成長を感じていただけたと思います。ご友人、ご家族でご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

<新宿クリエイターズ・フェスタ 概要>
■日時
9月19日(水)~ 9月22日(土) 10:00~20:00
※初日15:00~20:00/最終日10:00~14:00

■会場
東京都健康プラザハイジア  1F アートウォール

 また、地デジ11ch J:COMチャンネルのデイリーニュースにて、グラフィックデザイン科の学生が取材を受けました! 明日、9月21日(金)17:50より放送予定(再放送20:30~、23:30~ ※放送エリアは新宿区及び港区)。ぜひ、チェックしてください!

第49回日専祭を開催します!
(投稿日:2019年1月17日)

 今年もこの季節がやってきました!スポーツフェスティバルに並ぶ、学生主催のビッグイベント「日専祭」を開催します。
 魅力あふれる学生作品・成果物の展示会をはじめ、個性豊かな屋台や喫茶店、合気道部や軽音楽部ライブなど各部活動によるパフォーマンス、さらには今年は誰もが知る超~人気芸人によるお笑いライブなどなど楽しみどころ盛りだくさん。ぜひお友達も誘って、気軽にご来校ください!!

詳細は日専祭公式サイト(http://nissensai.jec.ac.jp)をチェックしてください。

【開催日】
11月3日(土/祝) 10:00~16:00
11月4日(日) 10:00~15:30

【メイン会場】
日本電子専門学校 7号館 ※入退場自由

【日専祭公式サイト】
http://nissensai.jec.ac.jp

【校舎の地図を見る】
http://www.jec.ac.jp/access/


更新日時:

pagetop