日本電子専門学校
専門学校東京都

パンフ追加

気になるリストに追加

日本電子専門学校の資料をすぐにもらう
日本電子専門学校 学科別開催 オープンキャンパス&体験入学

学科別開催 オープンキャンパス&体験入学

日本電子専門学校

  • 2019年4月28日(日)
    【開催時間】
    分野別学科説明会(希望者のみ)…9:55~10:20
    学校説明・学科別体験授業…10:30~14:30(昼食付き)
  • 将来のシゴトや業界の動向がわかる。進みたい分野と学科を選ぶのに最適!

    進みたい分野から学科選びまで、疑問を解決できるのが「オープンキャンパス&体験入学」。分野説明会で希望分野を確認して、参加したい学科を決めたら、実際に使用されている教室で体験学習! 学科の内容がよくわかります。教員や在校生と個別相談もできるので疑問もすぐに解決!もちろん参加費無料です。

■有名作品の制作に多数の卒業生が参加!
大ヒットゲーム『メルファリア マーチ』『FFシリーズ』『バイオハザード6』『ファンタジーライフ』『ファンタシースターオンライン2』、映画『永遠の0』『宇宙兄弟』『おおかみこどもの雨と雪』『ALWAYS 三丁目の夕日’64』『トータルリコール』『ゴジラ』『レ・ミゼラブル』をはじめ、『ヱヴァンゲリオン』『クレヨンしんちゃん』『NARUTO』『ガンダム』テレビシリーズなど、有名作品の制作に多数の卒業生が参加。


■在校生の活躍!技能五輪国際大会“敢闘賞”、在学中にスクリーンデビューも
『技能五輪国際大会』『Yahoo! JAPAN 年賀状学生デザインコンテスト』『ACジャパンCM学生賞』『スマートフォンアプリ開発全国学生コンテスト』『U-20プログラミング・コンテスト』『情報通信配線技術フォーラム』『若年者ものづくり競技大会』等で入賞。第70回ヴェネチア国際映画祭特別招待作品『キャプテンハーロック』では学生がクリエイターとしてスクリーンデビュー。


■有名企業との連携授業 インターンシップも多数実施。教科書からは学べない“生きた学び”
企業や校内でプロのクリエイターやエンジニアから直接指導を受けるインターンシップや連携授業。プロの現場で必要な技術や仕事の進め方など生きた学びを経験。就職後のイメージが具体的に感じられる貴重なチャンス。


■有名クリエイターによる講演実績多数。東映アニメーション、カプコン、シスコシステムズ、日本マイクロソフトなど
CG、ゲーム、アニメ、デザイン、IT業界の第一線で活躍するクリエイターやエンジニア、採用担当者などによる特別講演会。業界の最新動向や必要とされる人材についてなど普段は聞く事ができない貴重な話しが満載。


■全100教室以上 コンピュータ2,000台以上。最高のパフォーマンスを導く学習環境
高い学習意欲に応える、最新で高性能なコンピュータを完備。プロ仕様の環境で技術を磨き、卒業後、即戦力として業界で存分に活躍できる環境があります。


■求人数3万人以上 学生1人あたりの求人倍率約39倍。求人倍率が違う。断然、就職に強い!
カプコン、バンダイナムコゲームス、GREE、Yahooなど約700社が参加する本校独自の合同企業説明会を開催。説明会に加え、本校内での入社試験も実施。毎年多数の学生が内定を獲得しています。

ごあいさつ

一人ひとり、未来へつなぐ。常に時代を先取りした教育を展開。産業界のニーズにいち早く対応し続けた、60年以上の人材育成。

学校からのお知らせ


ゲーム制作研究科「アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」で優秀賞を受賞!
(投稿日:2019年2月18日)

 去る2月7日(木)、福岡アジア美術館にて、アジアデジタルアート大賞展FUKUOKAが開催され、本校のゲーム制作研究科の学生作品がエンタテインメント(産業応用)部門の優秀賞を受賞しました。

 今回で18回目を迎えるアジアデジタルアート大賞展は、発足時よりテーマを一貫して「論理的な思考を基盤にした高い芸術的感性」としており、アジアのデジタルコンテンツの創造を担う、高度な技能と豊かな感性を持つクリエイター発掘、育成の場としてスタートしました。今では、15の国と地域から705点の応募がある芸術展となっています。

 表彰式は2月11日(月・祝)に行われ、本校ゲーム制作研究科の作品『千住観音』がエンターテインメント(産業応用)部門の優秀賞に選ばれました。

 同作品は、3DCGにより忠実に再現された北千住の街が舞台となっており、北千住に住む北千住観音が様々なミニゲームをクリアしながら街を守り、住民を救う修行物語であり、そして突如現れた南千住観音から北千住の住民を守るという、アイディアとボキャブラリー溢れる、学生ならではの切り口で制作された作品です。

 同作品の他にも、本校には様々なジャンルの豊富な学生作品がございますので、是非オープンキャンパス&体験入学でご確認下さい。お待ちしております。

【情報ビジネスライセンス科】第9回文書デザインコンテスト3名同時受賞!
(投稿日:2019年1月17日)

 日本情報処理検定協会 (後援:文部科学省)が主催する第9回文書デザインコンテストで、 情報ビジネスライセンス科1年生の学生が以下の成績を収めました!

 今回のテーマは「20年前と現在」。コンテストの応募数はなんと1,299作品も寄せらせ、栄えある受賞となりました!!

○審査員特別賞
飯田 裕樹君 
金子 麻梨香さん

○佳作
土屋 翼君


 今回、Wordを中心に学習する科目「ビジネス情報システムⅠ」での日頃の努力が実を結びました。授業ではOfficeシリーズ(Word、Excel、PowerPoint)の基本操作と応用方法を学び、MOS(Microsoft Office Specialist)の資格取得を目指しています。
   
 同学科の昨年度就職率は100%!今年度もぞくぞくと内定しており、卒業生たちは営業、事務、販売、SE等の幅広い職種へ就職しています。

 なぜ、どんな業界でも必要とされるスキルが身に付くのか!?その秘密はオープンキャンパス&体験入学で!!


◆受賞作品◆

○審査員特別賞
「自動車業界を振り返る」
飯田裕樹君

○審査員特別賞
「冷蔵庫の歴史」
金子麻梨香さん

○佳作
「流行った言葉」
土屋翼君

ASIAGRAPH 2018 in Tokyoでアニメーション研究科の学生チーム2作品が優秀賞を受賞
(投稿日:2019年1月17日)

 第一線で活躍するアジアの研究者、クリエイター、学生が集い、先端技術の発表や作品の展示を行うCGイベント『ASIAGRAPH 2018 in Tokyo』。経済産業省と財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する『デジタルコンテンツEXPO2018』内のイベントです。
 このアジア最大のCGの祭典では、プロアマ問わずオリジナルの作品を公募・展示・表彰する『CG Art Gallery』というプログラムがあります。国内外から集められた静止画・動画を競うコンテストとして、業界からも注目されています。

 プロからアマチュアまで、数多くのクリエイターが出展した作品の中から、本校アニメーション研究科の卒業制作作品2点が優秀賞を獲得、また、アニメーション科とアニメーション研究科の卒業制作作品2点が入選として選出されました。同じ学校の複数作品が受賞しているのは日本電子専門学校のみ。昨年に引き続き2年連続の快挙となります。

 表彰式は『CGWORLD 2018 クリエイティブカンファレンス』の懇親会会場で行われ、懇親会に出席している数百人のクリエイターたちが注目する中、受賞した卒業生たちが照れながらも表彰状を手にしました。
 どれも楽しい作品ばかりです。アニメーションに興味ある方は、ぜひご覧ください。


◆受賞作品◆
ASIAGRAPH2018年度CGアートギャラリー
学生(25歳以下)アニメーション作品公募部門

○優秀作品○
『花嫁の雨』
齋藤浩登、関谷美菜子、國井彩香、甲田颯(アニメーション研究科)
https://youtu.be/Q_HFOFp_rp4

○優秀作品○
『Trip』
千装直樹、貝沼星乃、熊田明、中村健太、松本朔、馬文汐、山澤舞、吉井卓実(アニメーション研究科)
https://youtu.be/5y6coH_rBDE

○入選○
『恋はモウモク』
山崎爽太、青山広夢、新井駿、李恵仁、折原貴志、加藤崇朱、中條力斗、成田悠希、李朗賢、梁卓彦(アニメーション科)
https://youtu.be/PdHdQafzauk

○入選○
『クリスマス前夜祭』
権正瑛己、李文豪、中川美沙紀、高城航平、恵藤廉、高梨莉緒奈(アニメーション研究科)
https://youtu.be/oduZeylvBI8

産官学連携のワークショップに電気分野学科の学生が参加しました
(投稿日:2019年1月17日)

 去る10月27日(土)と11月17日(土)に、エネルギーインフラ業界の認知向上における広報戦略を考えるワークショップが実施され、本校電気工学科と高度電気工学科の有志の学生が参加しました。

同ワークショップには、経済産業省、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、一般財団法人関東電気保安協会、大学2校、専門学校2校が参加。

エネルギーインフラを支える人材(電気主任技術者、電気工事士)の確保に向け、業界横断的な認知度向上・入職促進を図る広報戦略について構想することを目的として、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社内のミーティングルームで開催されました。

 電気保安人材の主な職種である電気主任技術者と電気工事士をテーマに、前半はグループメンバー全体から意見を募り、イラストレーターが絵柄で意見を具現化しながら模造紙へ描いていく手法で進行。「ターゲットを誰にするのか」、「電気業界の魅力とはなにか?」、「業界の魅力を知るきっかけとは何か」など、活発な意見が取り交わされました。

その後、職種別に2グループ(計4グループ)になり、いままでに話し合った意見を元に、どのような広報活動が認知向上に適しているのかなど、各グループでディスカッションが行われました。

 最終的には、コマーシャルの絵コンテ風な紙芝居や即興の演技で、業界の魅力や仕事の面白さを伝える提案をそれぞれメンバーの前で発表しました。

 学校も組織の壁も越えたワークショップとなり、学生にとって大変貴重な経験となりました。

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3にて審査員特別賞を受賞しました!
(投稿日:2019年1月17日)

 去る11月17日(土)、東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3が、今年も東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて開催され、本校学生作品が見事入賞を果たしました。

 世界で通用する若手映像クリエイターの登竜門を作ることにより、将来のコンテンツ産業の中核となる人材の育成を目的とした東京国際プロジェクションマッピングアワード。今年のテーマ「JAPAN」とし、一次審査を通過した全16チームの作品が東京ビックサイトで投影されました。

 6,000名を超える観客者の前で、ノミネート作品が次々と上映。自身の制作した作品が投影されると歓喜する学生たちの姿が見られました。

 そして、ほぼ2年生以上で構成された他校チームの中、本校CG映像制作科1年生のチームWork Space(計15名)が手掛けた作品『紅』が、見事「審査員特別賞」を受賞しました。専門学校では本校のみが入賞するという快挙を遂げました。


<作品情報>
作品名:『紅』(3分間)/ チーム:1年生15名 / 制作期間:4ヵ月

<チームからのコメント>
ほとんどのチームメンバーが、入学前はプロジェクションマッピングアワードを知りませんでした。そんなチームからスタートし、15名を9グループに分け、1つの作品を作り上げました。15名という大人数のチームだったので、意見をまとめることが一番大変でした。ですが、日本電子に入学して半年ほどで、まさか1年生の時に入賞できるとは思いもよらず…。嬉しいですし、驚きが隠せません!

第42回 東京都専門学校卓球選手権大会 団体戦で3位を獲得しました
(投稿日:2019年1月17日)

 去る10月17日(水)、第42回 東京都専門学校卓球選手権大会(会場:駒沢オリンピック公園)にて、本校卓球部が団体戦で3位を獲得しました。
 前年度の成果でシード権によりアドバンテージはありつつも、団体戦では通常4名のところ3名で参加の中、各部員が奮闘。見事入賞を果たしました!今年度は全国大会にも出場予定です。

「新宿クリエイターズ・フェスタ2018」にグラフィックデザイン科が出展しました!
(投稿日:2019年1月17日)

 2018年9月19日(水)~22日(土)、「新宿クリエイターズ・フェスタ2018」(東京都健康プラザ ハイジア)にて、グラフィックデザイン科が出展しました。

 「新宿クリエイターズ・フェスタ」とは、新宿区周辺の公共施設等を利用したアートイベント。アートを通じて、誰もが文化・芸術を身近に触れることができるフェスタです。

 作品のテーマは「インタラクティブ・体験のデザイン」。遊び心をくすぐるような、目で見て、触れて楽しい作品を展示。もちろん、すべて在校生の作品です。ご来校いただいた方々には、在校生の生の成長を感じていただけたと思います。ご友人、ご家族でご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

<新宿クリエイターズ・フェスタ 概要>
■日時
9月19日(水)~ 9月22日(土) 10:00~20:00
※初日15:00~20:00/最終日10:00~14:00

■会場
東京都健康プラザハイジア  1F アートウォール

 また、地デジ11ch J:COMチャンネルのデイリーニュースにて、グラフィックデザイン科の学生が取材を受けました! 明日、9月21日(金)17:50より放送予定(再放送20:30~、23:30~ ※放送エリアは新宿区及び港区)。ぜひ、チェックしてください!

第49回日専祭を開催します!
(投稿日:2019年1月17日)

 今年もこの季節がやってきました!スポーツフェスティバルに並ぶ、学生主催のビッグイベント「日専祭」を開催します。
 魅力あふれる学生作品・成果物の展示会をはじめ、個性豊かな屋台や喫茶店、合気道部や軽音楽部ライブなど各部活動によるパフォーマンス、さらには今年は誰もが知る超~人気芸人によるお笑いライブなどなど楽しみどころ盛りだくさん。ぜひお友達も誘って、気軽にご来校ください!!

詳細は日専祭公式サイト(http://nissensai.jec.ac.jp)をチェックしてください。

【開催日】
11月3日(土/祝) 10:00~16:00
11月4日(日) 10:00~15:30

【メイン会場】
日本電子専門学校 7号館 ※入退場自由

【日専祭公式サイト】
http://nissensai.jec.ac.jp

【校舎の地図を見る】
http://www.jec.ac.jp/access/

グラフィックデザイン科の学生が『想いを伝えるカードデザイン大賞』を受賞!
(投稿日:2019年1月17日)

 去る9月29日(土)第2回想いを伝えるカードデザイン大賞 審査委員賞(優秀賞)をグラフィックデザイン科1年 若生 七星さんが受賞し、表彰されました!

 同コンテストは贈る相手の「大切な日」をテーマに、想いをカードに表現するというもの。若生さんの友人へ宛てた手作りのあたたかみのあるカードが応募作品全207作品中審査員賞(優秀賞)に輝きました。

 また、表彰式の会場では、応募作品の展示も行われ、同学科の学生の作品が他にも3点展示されました。

 詳しくは、グラッフィックデザイン科の学科ニュースに作品や受賞風景を掲載しています。是非ご覧ください!
<グラフィックデザイン科学科ニュース>
http://www.jec.ac.jp/blog/all/15/

 なお、グラフィックデザイン科のオープンキャンパスでは、現在、フォトフレームを作る体験が出来ます。ただ、作るだけではなく、「誰に」「どういう気持ちを伝えたいのか?」「どうすれば喜ばれるか?」と相手へ伝わることを考えながら作成します。

みなさん、「デザインの伝える力」というものを体験してみませんか?興味をお持ちの方は是非グラフィックデザイン科のオープンキャンパスへご参加ください!

<オープンキャンパス&体験入学>
http://www.jec.ac.jp/event/oc/

「うぇぶなう!~Web業界の最前線×本音トーク~」にWebデザイン科1年生が特別課外授業として出席
(投稿日:2019年1月17日)

 9月28日(金)、株式会社ミツエ―リンクス(東京都新宿区)セミナールームにて、「うぇぶなう!~Web業界の最前線×本音トーク~」が開催されました。本校からはWebデザイン科の1年生が全員出席。2年生の2名が司会進行役のスタッフとして参加しました。

 ご協力いただいたのは、株式会社キノトロープ 濱田氏、株式会社大伸社コミュニケーションデザイン 井上氏、株式会社フォーク 石射氏、株式会社ミツエ―リンクス 木達氏・遠藤氏の4社5名。業界をけん引するプロフェッショナルな方々により、Web業界を目指す若者たちへその魅力を語っていただきました。

 前半はプレゼンテーション形式で、各社の企業紹介とともにパネラーの職歴や現在の職種内容などの紹介からスタート。自身の今までの経歴や、現在取り組んでいることなどを通して、個性的かつメッセージ性の高いプレゼンテーションを披露され、学生たちは開始直後からその世界に惹き込まれていました。

 後半は座談会(質疑応答タイム)。“仕事上での困り事”、“Web制作において一番大切なこと”、“Webサイトの制作期間”や“やりがいのあった仕事”など、様々な質問が寄せられ、各々パネラーに応えていただきました。仕事上での困りごとの回答時には、株式会社大伸社コミュニケーションデザイン 井上氏より、「何より採用ですね!その困り事は本日解決しそうです。」というコメントに、会場からは笑みがこぼれる場面も。また、やりがいのあった仕事においては、仕事に対して全力で取り組んでいるパネラーの方々にとって、請け負ってきた仕事はすべてやりがいのあるものであるといった熱い回答も挙げられました。

 その後、挙手制になると“就職するために資格は重要であるか”や“AIとWebはどっちが勝つか”という興味深い質問も寄せられました。資格取得に関しては、「資格を取得することが目的ではなく、企業側が見るところは努力した過程(姿勢)であり、資格さえとればいいという感覚は控えたほうがいい」という回答や、半面「3つの資格を取得して作品が無い面接者と作品があって無資格の面接者であれば、後者を優先する。」という回答もあり、まさに本音トークといった座談会が開催され、30分ほど延長してしまうほど、第一回目の会は大盛況で幕を閉じました。

 近年、AIやIoTなどの最新技術の情報が白熱している中、Web業界は今もなおバイタリティー溢れる業界であることが証明されたイベントとなりました。AIやIoTの技術が発展すればするほど、Web業界も共に発展していくことや、その時代に沿った職種も登場し、新たな雇用も生まれると、同業界の将来性の高さも語られ、出席した学生たちはその未来に心躍る表情を浮かべていました。

 どのパネラーの方々からは、Web業界へ進みたい方は「常にチャレンジする気持ちが大事」とコメント。目まぐるしく進化を遂げるWeb業界では、過去のものに固執していくとついていけなくなるため、執着せずに、新しいものを取り入れられる柔軟性や適応力などが求められることを伝えていました。

 本校では、このような会を通じ、業界を先導してゆく企業の生のメッセージを直接聞くことにより、学びへのモチベーションや就職活動への意欲向上へつなげています。
 Webデザイン科の教員や在校生に直接話を聞くこともできますので、Web業界にご興味のある方は、ぜひ、本校のオープンキャンパス&体験入学にご参加ください!


更新日時:

pagetop