日本電子専門学校
専門学校東京都
日本電子専門学校

〒169-8522 東京都新宿区百人町1-25-4

パンフ追加

気になるリストに追加

日本電子専門学校の資料をすぐにもらう

ニュース・お知らせ

日本電子専門学校

ET&IoT Technology 2019に電子応用工学科が見学致しました。

ET&IoT Technology 2019に電子応用工学科が見学致しました。

2020年1月21日更新

去る11月21日(木)パシフィコ横浜にて本校電子応用工学科1年生がET&IoT Technology 2019を見学しました。今回の特別課外授業は志望業界企業でのブース見学を通して最新技術、知識、情報に触れ、将来の就職、働き方のイメージだけでなく、学生のモチベーション向上を目的としています。

本展示会はすべての人、モノ、コトがつながるIoT社会を迎え、組み込み技術の重要性や将来性はますます高まる時代において、最先端の組み込み技術、IoT技術を展示するイベントです。当日は各企業、団体が出展し、参加来場者は8000人以上となりました。

多くのブースを見た中でも、様々なIoT展示物からAIを取り上げる学生が多くおりました。また、学生たちは各ブースで企業人から有益な知識を聞く姿も見受けられ、お話の中には組込み機器にAIを搭載するエッジAIが注目され、組込み機器にAIを組み込むことで、多くの組込み機器を用いて分散処理を行える利点等、興味が注がれる内容が盛りだくさんでした。

今回の展示会は学生の目指す業界に直結した展示会だけでなく、同展示会をきっかけに就職へ繋がることもある貴重な機会となっています。

本校では今後も電子分野に限らす学生の成長に繋がる機会を提供し続けていきます。今回の展示会内容や電子応用工学科にご興味を持った方は是非オープンキャンパス&体験入学へお越しください。電子業界の技術者になる為の体験授業や個別相談、学生作品の閲覧等も可能です。奮ってご参加ください。

専門人材育成訓練「ハロートレーニング」施設見学会実施のお知らせ

専門人材育成訓練「ハロートレーニング」施設見学会実施のお知らせ

2020年1月10日更新

東京労働局・都内ハローワーク・東京都主催の専門人材育成訓練「ハロートレーニング」における施設見学会を実施いたします。

 この度、昨年度から引き続き、専門人材育成訓練「ハロートレーニング」のコースとして、本校アニメーション科が対象学科となりました。訓練をご希望される方には、より学科への理解を深めて頂くため、施設見学とあわせてオープンキャンパス&体験入学への参加をお願いしております。

詳細は、本校公式サイトよりご確認下さい。
<日本電子専門学校公式サイト カレッジニュース>
https://www.jec.ac.jp/collegenews/88/

『オンライン学校説明会』を12月20日(金)に開催します★

『オンライン学校説明会』を12月20日(金)に開催します★

2019年12月13日更新

オープンキャンパス&体験入学に参加したい。
でも遠方で参加することができない方、スケジュールが合わない方などを対象に、『ZOOM』を使った【日本電子専門学校オンライン学校説明会】を開催します!気軽にご参加下さい。

≪ポイント≫
・ちょっとだけ日本電子を知りたい方におススメ!
・どこからでも参加ができます
・個別相談(チャット)も実施します

≪概要≫
2019年 12月20日(金)19:00~

≪申込みフォーム≫
https://www.jec.ac.jp/event/online/

Webデザイン科前期授業成果発表会『College Night』開催しました

Webデザイン科前期授業成果発表会『College Night』開催しました

2019年10月16日更新

 去る10月11日(金)、Webデザイン科前期授業成果発表会『College Night』を株式会社U-NEXT本社(USEN-NEXT GROUP/東京都品川区)にて実施しました。

 スポーツフェスティバルや学園祭の公式サイト制作、若年者ものづくり競技大会・沖縄ITスペシャリスト育成プログラムプロジェクト・産官学連携善通寺IT CAMP2019プロジェクトの報告、情報デザインをテーマにしたWeb制作、Webアプリケーション制作、産学連携授業の成果物など、多種多様な課題に取り組んだ全16チームが発表。単独から1・2年生混合メンバーのチーム、他学科とのコラボチームまで、Webデザイン科全学生が参加し、前期で取り組んだ課題のプレゼンテーションを行いました。

グラフィックデザイン科の学生が『ACA世界学生大会2019』にて入賞!

グラフィックデザイン科の学生が『ACA世界学生大会2019』にて入賞!

2019年7月10日更新

 去る6月21日(金)、東京国際フォーラムにて『ACA世界学生大会2019』入賞者表彰式が行われ、グラフィックデザイン科2年生 家城 翔(いえき つばさ) さんが入賞しました。

 ACA(アドビ認定アソシエイト)とは、アドビ システムズ社のIllustratorやPhotoshopのスキルを証明する資格。『ACA世界学生大会』は、上記の資格を取得している学生対象のコンテストであり、「社会人として必要なスキルを要し、国際的に活躍できるプロフェッショナルへの育成」を目的として開催される世界規模の大会です。

 今年度の課題制作物は『ACA世界学生大会2020の参加者募集を呼びかけるポスター』。入賞した家城さんの作品はこちら。特に自由の女神像をアレンジした構成力と丁寧な配色が評価されて、見事入賞しました。

ゲーム制作研究科「アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」で優秀賞を受賞!

ゲーム制作研究科「アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」で優秀賞を受賞!

2019年2月18日更新

 去る2月7日(木)、福岡アジア美術館にて、アジアデジタルアート大賞展FUKUOKAが開催され、本校のゲーム制作研究科の学生作品がエンタテインメント(産業応用)部門の優秀賞を受賞しました。

 今回で18回目を迎えるアジアデジタルアート大賞展は、発足時よりテーマを一貫して「論理的な思考を基盤にした高い芸術的感性」としており、アジアのデジタルコンテンツの創造を担う、高度な技能と豊かな感性を持つクリエイター発掘、育成の場としてスタートしました。今では、15の国と地域から705点の応募がある芸術展となっています。

 表彰式は2月11日(月・祝)に行われ、本校ゲーム制作研究科の作品『千住観音』がエンターテインメント(産業応用)部門の優秀賞に選ばれました。

 同作品は、3DCGにより忠実に再現された北千住の街が舞台となっており、北千住に住む北千住観音が様々なミニゲームをクリアしながら街を守り、住民を救う修行物語であり、そして突如現れた南千住観音から北千住の住民を守るという、アイディアとボキャブラリー溢れる、学生ならではの切り口で制作された作品です。

 同作品の他にも、本校には様々なジャンルの豊富な学生作品がございますので、是非オープンキャンパス&体験入学でご確認下さい。お待ちしております。

【情報ビジネスライセンス科】第9回文書デザインコンテスト3名同時受賞!

【情報ビジネスライセンス科】第9回文書デザインコンテスト3名同時受賞!

2019年1月17日更新

 日本情報処理検定協会 (後援:文部科学省)が主催する第9回文書デザインコンテストで、 情報ビジネスライセンス科1年生の学生が以下の成績を収めました!

 今回のテーマは「20年前と現在」。コンテストの応募数はなんと1,299作品も寄せらせ、栄えある受賞となりました!!

○審査員特別賞
飯田 裕樹君 
金子 麻梨香さん

○佳作
土屋 翼君


 今回、Wordを中心に学習する科目「ビジネス情報システムⅠ」での日頃の努力が実を結びました。授業ではOfficeシリーズ(Word、Excel、PowerPoint)の基本操作と応用方法を学び、MOS(Microsoft Office Specialist)の資格取得を目指しています。
   
 同学科の昨年度就職率は100%!今年度もぞくぞくと内定しており、卒業生たちは営業、事務、販売、SE等の幅広い職種へ就職しています。

 なぜ、どんな業界でも必要とされるスキルが身に付くのか!?その秘密はオープンキャンパス&体験入学で!!


◆受賞作品◆

○審査員特別賞
「自動車業界を振り返る」
飯田裕樹君

○審査員特別賞
「冷蔵庫の歴史」
金子麻梨香さん

○佳作
「流行った言葉」
土屋翼君

ASIAGRAPH 2018 in Tokyoでアニメーション研究科の学生チーム2作品が優秀賞を受賞

ASIAGRAPH 2018 in Tokyoでアニメーション研究科の学生チーム2作品が優秀賞を受賞

2019年1月17日更新

 第一線で活躍するアジアの研究者、クリエイター、学生が集い、先端技術の発表や作品の展示を行うCGイベント『ASIAGRAPH 2018 in Tokyo』。経済産業省と財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する『デジタルコンテンツEXPO2018』内のイベントです。
 このアジア最大のCGの祭典では、プロアマ問わずオリジナルの作品を公募・展示・表彰する『CG Art Gallery』というプログラムがあります。国内外から集められた静止画・動画を競うコンテストとして、業界からも注目されています。

 プロからアマチュアまで、数多くのクリエイターが出展した作品の中から、本校アニメーション研究科の卒業制作作品2点が優秀賞を獲得、また、アニメーション科とアニメーション研究科の卒業制作作品2点が入選として選出されました。同じ学校の複数作品が受賞しているのは日本電子専門学校のみ。昨年に引き続き2年連続の快挙となります。

 表彰式は『CGWORLD 2018 クリエイティブカンファレンス』の懇親会会場で行われ、懇親会に出席している数百人のクリエイターたちが注目する中、受賞した卒業生たちが照れながらも表彰状を手にしました。
 どれも楽しい作品ばかりです。アニメーションに興味ある方は、ぜひご覧ください。


◆受賞作品◆
ASIAGRAPH2018年度CGアートギャラリー
学生(25歳以下)アニメーション作品公募部門

○優秀作品○
『花嫁の雨』
齋藤浩登、関谷美菜子、國井彩香、甲田颯(アニメーション研究科)
https://youtu.be/Q_HFOFp_rp4

○優秀作品○
『Trip』
千装直樹、貝沼星乃、熊田明、中村健太、松本朔、馬文汐、山澤舞、吉井卓実(アニメーション研究科)
https://youtu.be/5y6coH_rBDE

○入選○
『恋はモウモク』
山崎爽太、青山広夢、新井駿、李恵仁、折原貴志、加藤崇朱、中條力斗、成田悠希、李朗賢、梁卓彦(アニメーション科)
https://youtu.be/PdHdQafzauk

○入選○
『クリスマス前夜祭』
権正瑛己、李文豪、中川美沙紀、高城航平、恵藤廉、高梨莉緒奈(アニメーション研究科)
https://youtu.be/oduZeylvBI8

産官学連携のワークショップに電気分野学科の学生が参加しました

産官学連携のワークショップに電気分野学科の学生が参加しました

2019年1月17日更新

 去る10月27日(土)と11月17日(土)に、エネルギーインフラ業界の認知向上における広報戦略を考えるワークショップが実施され、本校電気工学科と高度電気工学科の有志の学生が参加しました。

同ワークショップには、経済産業省、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、一般財団法人関東電気保安協会、大学2校、専門学校2校が参加。

エネルギーインフラを支える人材(電気主任技術者、電気工事士)の確保に向け、業界横断的な認知度向上・入職促進を図る広報戦略について構想することを目的として、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社内のミーティングルームで開催されました。

 電気保安人材の主な職種である電気主任技術者と電気工事士をテーマに、前半はグループメンバー全体から意見を募り、イラストレーターが絵柄で意見を具現化しながら模造紙へ描いていく手法で進行。「ターゲットを誰にするのか」、「電気業界の魅力とはなにか?」、「業界の魅力を知るきっかけとは何か」など、活発な意見が取り交わされました。

その後、職種別に2グループ(計4グループ)になり、いままでに話し合った意見を元に、どのような広報活動が認知向上に適しているのかなど、各グループでディスカッションが行われました。

 最終的には、コマーシャルの絵コンテ風な紙芝居や即興の演技で、業界の魅力や仕事の面白さを伝える提案をそれぞれメンバーの前で発表しました。

 学校も組織の壁も越えたワークショップとなり、学生にとって大変貴重な経験となりました。

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3にて審査員特別賞を受賞しました!

東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3にて審査員特別賞を受賞しました!

2019年1月17日更新

 去る11月17日(土)、東京国際プロジェクションマッピングアワード Vol.3が、今年も東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて開催され、本校学生作品が見事入賞を果たしました。

 世界で通用する若手映像クリエイターの登竜門を作ることにより、将来のコンテンツ産業の中核となる人材の育成を目的とした東京国際プロジェクションマッピングアワード。今年のテーマ「JAPAN」とし、一次審査を通過した全16チームの作品が東京ビックサイトで投影されました。

 6,000名を超える観客者の前で、ノミネート作品が次々と上映。自身の制作した作品が投影されると歓喜する学生たちの姿が見られました。

 そして、ほぼ2年生以上で構成された他校チームの中、本校CG映像制作科1年生のチームWork Space(計15名)が手掛けた作品『紅』が、見事「審査員特別賞」を受賞しました。専門学校では本校のみが入賞するという快挙を遂げました。


<作品情報>
作品名:『紅』(3分間)/ チーム:1年生15名 / 制作期間:4ヵ月

<チームからのコメント>
ほとんどのチームメンバーが、入学前はプロジェクションマッピングアワードを知りませんでした。そんなチームからスタートし、15名を9グループに分け、1つの作品を作り上げました。15名という大人数のチームだったので、意見をまとめることが一番大変でした。ですが、日本電子に入学して半年ほどで、まさか1年生の時に入賞できるとは思いもよらず…。嬉しいですし、驚きが隠せません!

第42回 東京都専門学校卓球選手権大会 団体戦で3位を獲得しました

第42回 東京都専門学校卓球選手権大会 団体戦で3位を獲得しました

2019年1月17日更新

 去る10月17日(水)、第42回 東京都専門学校卓球選手権大会(会場:駒沢オリンピック公園)にて、本校卓球部が団体戦で3位を獲得しました。
 前年度の成果でシード権によりアドバンテージはありつつも、団体戦では通常4名のところ3名で参加の中、各部員が奮闘。見事入賞を果たしました!今年度は全国大会にも出場予定です。

更新日時:

pagetop