札幌マンガ・アニメ&声優専門学校
専門学校北海道
札幌マンガ・アニメ&声優専門学校

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西9丁目3-12

パンフ追加

気になるリストに追加

札幌マンガ・アニメ&声優専門学校の資料をすぐにもらう

高校生の方へ

札幌マンガ・アニメ&声優専門学校

Q&A

いままで多く寄せられた質問にお答えします。ここでもわからないことは、いつでもお気軽にお問い合せください。

入学まで

【Q】入学試験はあるのですか?
【A】本校の合否の判定は、書類審査が原則です。したがって、どの学科も入学試験(筆記試験)はありませんが、書類審査の内容によっては、適性検査・面接を行う場合もあります。書類審査は、最終学校の成績、出席状況、進路指導や担任の先生の所見などを総合的に審査します。

【Q】併願制度について、おしえてください。
【A】出願の際、AO入学または一般入学(特待生および推薦入学は除く)で、大学・短大・専門学校等の合否決定後、または就職決定後に本校への入学または入学の辞退を選択出来ます。

【Q】学校見学はできますか?
【A】もちろん可能です。本校の学校見学は、平日午前9時から午後6時まで、土曜日は午前9時から午後5 時までとなっています。また平日の場合、時間によっては授業見学も可能です。希望の方は学校ホームページから、必要事項を入力してお申し込みください。

授業

【Q】授業時間はどうなっていますか?
【A】1時限目は午前9時20分から。1時限は90分で、1日約4時限の時間割になっています。終業は曜日などによって違いますが、午後4時30分位までが平均的です。土曜日は、授業はありません。

【Q】授業内容は厳しいですか?
【A】心配する必要はありません。初心者でも理解できるように基礎からていねいに指導し、即戦力として活躍できる高度な専門知識や技術まで、しっかりと身につけます。また、高校までの座学中心とは違い、課題制作と提出が中心となります。毎日のがんばりが、最終的な目標達成につながるのです。

施設・設備

【Q】設備は充実していますか?
【A】プロの仕事の現場と同じ設備や機材・ソフトを使って学習するのが、専門学校の基本です。また、できるだけ多くの時間を機材に接して学べるのが技術習得の早道でもあります。充実した設備であることは当然ですが、パソコンはもとより、ほとんどの機材は事前に申請すると放課後などの授業時間外でも使用できる体制もととのっています。

【Q】機械に弱いのですが、大丈夫でしょうか?
【A】心配はありません。適性よりもとにかく慣れることが大事です。ほんの少しでも興味があれば大丈夫です。実際に、その道のエキスパートでも、機械が苦手という方が案外多いものです。

制度・生活  姉妹校

【Q】下宿やアパートは紹介してもらえますか?
【A】指定寮が満室の場合やアパート、マンションを希望している場合、学習や通学に適した部屋を斡旋する不動産業者を紹介しています。

【Q】アルバイトをしたいのですが、可能ですか?
【A】できます。アルバイトは将来、社会人になるための訓練のようなものなので、専攻している分野に関連するアルバイトを学校で紹介する場合もあります。

【Q】学費サポート制度はありますか?
【A】主に日本学生支援機構の奨学金制度や高等教育の修学支援新制度、さらに学園独自の奨学生制度があります。また各銀行が取り扱っている教育ローン、日本政策金融公庫の進学ローンなどもあります。オリコとの特別提携による本校独自の学費サポートローンもご利用いただけます。

【Q】就職指導はしてもらえますか?
【A】キャリアセンターで、就職の専門スタッフが対応します。また、ホームルームや授業でも、1年次から履歴書の書き方や面接・模擬試験の練習などを万全の指導でサポートしています。本校のみの就職イベントや、学内企業説明会、インターンシップ制度(企業研修制度)も取り入れ、より有利に就職活動を進めていける体制をとっています。

【Q】ほかの学校との交流はありますか?
【A】本校と札幌デザイナー学院、専門学校 札幌ビジュアルアーツ、北海道どうぶつ・医療専門学校・札幌観光ブライダル・製菓専門学校は隣りに校舎があるので、交流できる機会はたくさんあります。また、一部の実習室はグループ校の校舎内にあり、ファッションショーやライブなどのイベント、そしてオープンスペース、図書館、学生ホールもあり、グループ校合同開催の学園祭や体育祭もあるので、グループ校の学生とも自然と仲よくなれます。

更新日時:

イチオシ校

pagetop