東京商科・法科学院専門学校
専門学校東京都
東京商科・法科学院専門学校

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-50

パンフ追加

気になるリストに追加

東京商科・法科学院専門学校の資料をすぐにもらう
東京商科・法科学院専門学校の個別相談・個別見学に申込む
個別相談がオススメです!じっくりお話できますので、個別での相談を希望される方はたくさんいます!自分にとっていちばんいい進路を一緒に考えてみませんか?

おすすめポイント

東京商科・法科学院専門学校

働きながら学ぶ制度で自力進学

働きながら学ぶ制度で自力進学

★働きながら学ぶ制度

「経営・ショップビジネス学科Ⅱ部」
「事務・情報ビジネス学科Ⅱ部」
「観光・ホテルビジネス学科Ⅱ部」
「公務員学科Ⅱ部」

保護者の方に経済的負担をかけずに、自分の力で学校に通うことのできる制度です。
昼間は学生社員として提携企業で働き、実務経験を積みながら、夜は資格・検定の取得、公務員試験合格をめざして勉強します。
本校入学前に提携企業の採用試験を受け、内定をいただいてからの入学となりますので、働く先が決まらないまま入学することはありません。

①昼間部と同じように、卒業時には「専門士」の称号が付与されますので安心です。
②入学時に必要な費用は入学金のみ。2年間の学費は24回にわけて納めます(無利息)。
③働きながら学ぶ学生のための学生寮があります。
④ハローワークを通した高卒求人票で学生社員として働くことができます。
⑤働きたい提携企業は自分で選ぶことができます。
⑥社会保険が完備されているので安心です。
※一部企業は学生社員受け入れ企業情報です。

▶︎詳しくは学校HPでご確認ください
http://www.tokyo-nissin.ac.jp/work/index.html

公務員試験 「1年合格」

公務員試験 「1年合格」

「公務員コース(昼間部)」
「警察官・消防官コース(昼間部)」
「公務員学科Ⅱ部(夜間部)」

本校では1年次より積極的に公務員試験を受験することができ、最終合格した場合は本校を合格退学し、公務員として働くことができます。
毎年、1年次での公務員試験最終合格者が出ていますので、ぜひ積極的にチャレンジしましょう!
※1年次で公務員試験に最終合格し、公務員としての就職を決めた方は、2年次の学費は必要ありません

▶︎1年合格 過去3年実績
能代市職員、警視庁警察官、埼玉県警察官、神奈川県警察官、大館市消防官、北アルプス広域消防本部、自衛官一般曹候補生など

▶︎1年合格の詳細はこちら
http://www.tokyo-nissin.ac.jp/job_qualification/1nengokaku.html

簿記を基礎から学べる

簿記を基礎から学べる

★事務・経理ビジネスコース

高校で「簿記」について勉強していない方でも、日商簿記検定合格をめざして基礎から学ぶことができます。
少人数のクラス担任制なので、いつでも先生に質問することができます。

法律の国家資格合格をめざす

法律の国家資格合格をめざす

★行政書士・宅建士コース

本校では「行政書士」「宅地建物取引士」の合格をめざすことができます。本校に入学する方のほとんどが初めて法律を勉強する方なので、基礎からしっかりと法律を学ぶことができます。
一生の武器となる価値の高い「法律国家資格」の取得をめざして一緒にがんばりましょう!

■法律に興味のある方は学校説明会での「模擬授業」を実際に受けてみましょう!

公務員特待生制度

公務員特待生制度

公務員試験1次合格者の方で、昼間部「公務員コース」「警察官・消防官コース」または夜間部「公務員学科Ⅱ部」に出願し、公務員試験最終合格をめざす場合は、公務員特待生として1年次前期学費から15万円が免除されます。
※学費月払い制度との併用も可能です。
※1次合格した公務員試験の種類は問いません。
※公務員試験1次合格を証明する書類を修学願書提出時に同封してください。

東京商科・法科学院専門学校の個別相談・個別見学に申込む
個別相談がオススメです!じっくりお話できますので、個別での相談を希望される方はたくさんいます!自分にとっていちばんいい進路を一緒に考えてみませんか?

更新日時:

イチオシ校

pagetop