東京商科・法科学院専門学校
専門学校東京都
東京商科・法科学院専門学校

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-10-33

パンフ追加

気になるリストに追加

東京商科・法科学院専門学校の資料をすぐにもらう
東京商科・法科学院専門学校の個別相談・個別見学に申込む
個別の学校説明!みんなの前では相談しづらいことでも大丈夫!聞きたい内容を自分で選べるオーダーメイド説明会なので、まだ専門学校のことがよくわからない…、学びたい分野がわからない…という方にオススメです!

奨学金・免除・返還不要

東京商科・法科学院専門学校

奨学金お知らせ

日本学生支援機構の奨学金

東京都認可の専門学校なので、日本学生支援機構の奨学金を利用することができます。
①高等学校で「予約採用」のお申し込みができます。
②本校入学後に「在学採用」のお申し込みができます。
③奨学金の辞退や減額等の手続きができます。

【入学金のみで入学できる】学費月払制度

入学金のみで進学手続きができる!2年間の学費は24回に分割して納めることができる!進学時の経済的負担を抑えることができる安心の支援制度です!


POINT 入学金のみで入学手続きが完了
入学金(16万円)で進学が可能。進学時の経済的負担を大幅に軽減することができます。

POINT2 2年間の学費は24回に分割して納付
2年間の学費の総額を24回に分けて納付することができるので自力進学も十分可能です。

POINT3 無利息なので2年間の学費は同じ
無利息で手数料も一切かからないため、本制度を利用しても学費の総額は変わりません。

POINT4 教育ローンではないので安心
2年間の学費を借り入れる教育ローンではありませんので、信販会社等との契約もないので安心です。

POINT5 多くの在校生が利用しています
昼間部・夜間部を問わず多くの在校生が「学費月払制度」を利用しています。


詳しくは資料請求または学校HPで★

【自力進学】保護者に負担をかけずに自力進学できる「働きながら学ぶ制度」

◆◇働きながら学ぶ制度(夜間部/就職進学)◇◆

 高校卒業後の進路って、進学 or 就職?
 本校には「就職進学」という進路があります。

【就職進学のメリット】
①働く(昼間)
勉強と仕事を両立できるよう学校と企業がいろいろな面でバックアップしているのがこの制度です。紹介する学校提携企業は、優良企業ばかりですので安定収入を得ることができ、安心して働けます。入学金の支援や寮費の補助、各種の保険加入など働く皆さんを応援します。卒業時には働いた企業が有力な就職先の候補となるのも大きな強みです。アルバイトではなく、ハローワークを通した高卒求人票で就職できるので、多くの企業から2年間の実務経験が高く評価されています。

※提携企業一部抜粋
ABCマート/ユニクロ/東急ストア/ヴィ・ド・フランス/デイリーヤマザキ/ミニストップ/帝国ホテル/ホテルオークラ東京/東京ドームホテル など

②学ぶ(夜間)
専門学校で勉強することで、仕事に役立つスキルが身につき、さまざまな資格をとることができます。卒業時には昼間部と同じ学歴として「専門士」の称号が付与されます。ビジネスに直結した資格と企業での体験は就職活動の時、企業から高い評価が得られます。

③住む(学生寮)
学生寮では寮長さん、寮母さん常駐で食事付きですので、給料日前だから食費を切り詰めるなんて心配は無用です。勉強と仕事に集中して、休日をエンジョイ。部屋には机、書棚、ベッド、エアコン、タンス等が完備されています。

詳細は学校HPで!
http://www.tokyo-nissin.ac.jp/work/index.html

奨学金制度

学費月払制度【昼間部・夜間部】

【対象】昼間部・夜間部全学生 ※留学生を除く

①入学金(昼間部16万円、夜間部8万円)のみで入学手続きが完了。残りの学費は24回にわけて納付できます。
②分納に際し利息はかかりません。
③ローン等との契約は一切ありませんので安心です。

特別奨学生制度【昼間部・夜間部】

  • 面接あり
  • 作文あり

入学選考の合否とは関係のない進学支援制度で、作文・面接試験の結果により以下のランクに規定する金額を1年次前期授業料から免除する制度です。
これにより、規定学費による入学手続きを予定されている方には一時的な経済的負担が、また学費月払制度を予定されている方には、入学月から始まる月額納付の金額がそれぞれ軽減されます。

【試験内容】
作文と面接
※作文は事前に送付
※面接はオンラインもOK
※詳細は公式HPでご確認ください。

【減免額】
・昼間部
Aランク:390,000円
Bランク:200,000円
Cランク:100,000円
Dランク:50,000円

【夜間部】
Aランク:310,000円
Bランク:160,000円
Cランク:80,000円
Dランク:40,000円

※公務員特待生制度とは併用できません

公務員特待生制度【昼間部・夜間部】

公務員1次試験合格者は、公務員特待生制度を利用することができます。初年度納入金のうち前期授業料から15万円が免除されます。
※学費月払制度との併用もできます

在校生・卒業生紹介制度【昼間部・夜間部】

【形態】免除
【金額】本校在校生の兄弟姉妹の方または本校卒業生の子 100,000円
本校在校生または卒業生が紹介する方 50,000円
【応募資格】本校在校生の兄弟姉妹の方または本校卒業生の子
本校在校生または卒業生が紹介する方
【返還義務】無
http://www.tokyo-nissin.ac.jp/guidance/fee.html

既卒者学費支援制度【昼間部のみ】

高等学校を既に卒業された方を対象に、1年次前期授業料から以下の区分に応じた金額を免除する制度です。
出願時に区分に応じた書類を提出してください。学費月払制度を利用する場合は、入学月より区分に応じた金額に至るまで、月額納付額の全額免除あるいは一部免除をいたします。

【A】高校卒業後に進学された方・・・100,000円免除
大学・専門学校等に進学したことがわかる書類1点を出願時に提出してください。
(例)在学証明書、退学証明書、学生証の写し等

※在籍期間は問いません
※出願に際して提出する書類と上記書類が重複する場合は改めて提出していただく必要はありません。

【B】
高校卒業後に就職された方・・・50,000円免除
※フリーター可

在職または離職したことがわかる書類1点を出願時に提出してください。

(例)
①在職中の場合・・・在職証明書、健康保険証の写し、社員証の写し等
②離職した場合・・・退職証明書、雇用保険被保険者証の写し、離職票の写し等

※アルバイトやフリーター等により、上記①・②の書類がいずれも準備できない場合は、
 源泉徴収票や給与明細書の写しでも代用できます。

東京商科・法科学院専門学校の個別相談・個別見学に申込む
個別の学校説明!みんなの前では相談しづらいことでも大丈夫!聞きたい内容を自分で選べるオーダーメイド説明会なので、まだ専門学校のことがよくわからない…、学びたい分野がわからない…という方にオススメです!

更新日時:

イチオシ校

pagetop