東京映画・俳優&放送芸術専門学校
専門学校東京都

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-14-9

パンフ追加

気になるリストに追加

東京映画・俳優&放送芸術専門学校の資料をすぐにもらう

おすすめポイント

東京映画・俳優&放送芸術専門学校

作品づくりができる環境

作品づくりができる環境

環境×機材×仲間=実践的な映画制作
本校は映像制作に適した設備・機材がそろっていて、自由に創作活動に打ち込める環境とカリキュラムが存在します。年間200本以上の制作本数、これだけの映像作品をかたちにすることができるのは、本校には制作系、ビジネス系、俳優系のあらゆる学生がそろっているからです。そして、在学中に多くの制作に携わることで、実力が付くのはもちろん、これらの作品への評価が、その後の就職やデビューへとつながっていきます。

本校独自の制作カリキュラム

本校独自の制作カリキュラム

チーム映画制作
学校が各専攻ごとにチームを編成し、企画~撮影~編集まで自分たちで考え、自分たちだけで制作に打ち込むことができます。前期・後期でチーム編成を変え半期ごとに新しいチームで実践経験を身に付けることができます。他校には真似することのできない本校ならではのカリキュラムです。

好きな仲間と好きなだけ作品制作に打ち込める

好きな仲間と好きなだけ作品制作に打ち込める

インディペンデントワーク(自主制作)
チーム映画制作とは違い、学生が主体的に自分たちでチームを作り自由に映像制作、作品作りに打ち込めるプログラム。撮影のための機材は自由に使用することができ、年間制作本数は200本以上。自分たちで集めたチームだから、納得がいくまで制作に打ち込むことができます。

全ての環境が映像制作に適しています

全ての環境が映像制作に適しています

自由に使える機材とプロ仕様の設備
本校には3学年全てのチームが映画制作できるよう必要な機材をそろえており、それらを自由に使用することが可能です。また、学校全体の設備も映像制作に適したフロアばかり。機材・設備は随時最新のものを取り入れています。また、機材スタジオの設備は卒業後も貸出可能!シアター、スタジオ、MAルームなどプロが毎日使用しているものと同じ環境を学生に提供しています。

作る側と演じる側が一緒だからこそできる

作る側と演じる側が一緒だからこそできる

映像業界に必要な専攻
映像制作に必要な専攻や分野が全てあるのが本校の魅力。制作科は撮影のために俳優を探さなくても学校にいる俳優科に出演依頼をすることができ、俳優科はレッスンや舞台だけではなく、自分の出演した映像を制作することが可能です。

更新日時:

pagetop