東京誠心調理師専門学校
専門学校東京都
東京誠心調理師専門学校

〒144-0052 東京都大田区蒲田3-21-4

パンフ追加

気になるリストに追加

東京誠心調理師専門学校の資料をすぐにもらう

高校生の方へ

東京誠心調理師専門学校

よくある質問 ~答え~

Q1. 今まで一度も料理やお菓子を作ったことがないのですが、大丈夫ですか?
Answer
もちろん大丈夫です。器具の名前や使い方から始めて、段階を踏んで実習を進めていきますので、誰でも無理なく実習についていくことができます。
だから安心して入学してください。また、本校の特長の一つは少人数教育。そのメリットを最大限に活かして一人ひとりの習熟度に合わせて、指導しています。ですから自分のペースで技術や知識を身につけることができます。
むしろ一から製菓・パン・調理のことを勉強したい、という人にこそ入学して欲しいと考えています。


Q2. クラスに分かれていますか?担任の先生は?
Answer
本校は30~40人に一人のクラス担任が学生の面倒を見ています。
クラスメイトとして学生同士が、一緒に学び、積極的にのびのびと授業が受けられるように、クラス担任が学校生活をバックアップしていきます。
授業や単位の相談、学校以外の生活の相談はもちろん、卒業後の就職・進路が決まるまできっちりとサポートしていきます。


Q3. 親元を離れる生活は、少々不安です。
Answer
少人数制ですから、先生は誰でも気軽にどんな相談にでものってくれます。


Q4. 学校に相談にのってくれる人はいますか?
Answer
不安を感じたらいつでも話をしてください。実習では学生同士が一緒に作業をすることが多いのですぐに打ち解け、友だちと交流するうちに生活にも慣れていくと思います。
さらに、本校指定の学生寮なら生活も学校の友だちと一緒ですし、常駐の寮長や寮母さんにも相談することもできます。


Q5. 卒業したら有名なお店で修行を積みたいのですが、できますか?
Answer
姉妹校に「国際フード製菓専門学校」があり、両校共にすでに多くの卒業生を社会に送り出しています。その中には有名なお店や一流のお店もたくさんあります。就職指導は、学生と教師、就職担当の三者で話し合い、適正や希望をできるだけ考慮しながら行っています。あとはみなさんが一人ひとりが夢を実現するために、どれだけ努力を積み重ねられるかです。
また本校では、夏休みと冬休みに校外研修を実施しており、研修先は基本的には学校が紹介しますが、そのどれもが一流といわれるお店です。一流のお店へ就職することも、決して不可能ではありません。


Q6. 学費や生活費など、なるべく親に負担をかけないで学校に通いたいのですが?
Answer
本校は学生を温かくバックアップする支援制度にも力を入れています。奨学金を希望する学生には、日本学生支援機構や独自の「廣瀬奨学金」を用意しています。学費についても、各種教育ローンの利用が可能です。
また、アルバイトを希望する学生への紹介や、特定企業と提携し、会社の寮に入って働きながら通学する方法もあります。まずは、お問い合わせください。
※日本学生支援機構の奨学金は、2年制入学希望者が対象となります。


Q7. 卒業したら地元に戻ってしまうのですが、その場合も就職指導はしてもらえるのでしょうか?
Answer
高い就職実績をベースにした就職体制には自信があります。学生本人との個人面談で、希望する就職先などを確認し、適性を考慮した上で就職指導をしています。もちろん地元に戻って就職を希望する学生に対しても、基本姿勢は変わりません。これまでの実績から本校には毎年、地方の就職についても多く寄せられています。その情報などを元に、学生の適正と照合しながら就職先を絞り込んでいきます。こうしたきめ細かい指導を行っていきますから、地方、または海外での就職を希望する人も心配する必要はありません。


Q8. 実際に自分の目で、学校の雰囲気を確かめてみたいのですが?
Answer
定期的に体験入学を実施しています。
そこで実際に自分の目で確かめてみるのが一番いいでしょう。
特に施設や設備の充実ぶりを見ていただけたら嬉しく思います。
また、体験実習や個別相談もありますので、日程や時間など細かい点については入学相談室まで気軽にお問い合わせください。
なお、学校見学も随時受付けておりますので、お電話でお申し込みください。


Q9. 社会人ですが、年齢が高いと入学するのは難しいですか?
Answer
年齢は関係ありません。現在も多くの大学・短大卒業者や20代~50代まで様々な年齢の社会人経験者がたくさん入学して、新たな目標達成のために学んでいます。卒業後の進路は就職や独立開業など様々。またそれぞれの生活のスタイルに合わせて昼間部・夜間部を選択していただけます。特に夜間部はお仕事を続けながら通っている人がほとんどで、夜だけの短時間でも充実した内容が学べます。


Q10. いろんな分野に興味があるので、どのコースを選んだらいいか迷ってしまいます。
Answer
1年制では、和洋中の基礎知識や技術の習得をめざします。2年制では、1年次の基礎技術習得に加えて、西洋、日本、中国の3つのコースに分かれてより専門的に学びます。2年制は、基礎を学んだあとに、決まったコースを選ぶタイプ。実践を通して、じっくり時間をかけて進路を決めることができるので、迷っている方にはおすすめのコースです。


Q11. 貴校で学ぶと何か資格がとれますか?
Answer
1年制、2年制を問わず、調理師科のすべてのコースで調理師免許が取得できます。学ぶ機関によっては、受験資格取得だけというところもありますが、本校では一定期間、きちんと学ぶことで、プロの調理師として認められる免許を確実に手に入れることができます。また、フードコーディネーター3級の認定資格も取得できます。

更新日時:

イチオシ校

pagetop