北星学園大学短期大学部
短大北海道
北星学園大学短期大学部

〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1

パンフ追加

気になるリストに追加

北星学園大学短期大学部の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

北星学園大学短期大学部

大坊 郁夫

大坊 郁夫
学長

北星学園大学は、1962年4月、札幌市南5条校地に文学部英文学科、社会福祉学科各50名定員の小さな大学として発足しました。これまで56年の歴史において、学部学科の増設、大学院の開設、短期大学部(1951年開設の北星学園女子短期大学の大学への統合)の大谷地への移転などがあり、在学生4,400名を超える大学へと成長しました。これまでの卒業生は、学部合計が29,000人以上、短大合計が19,000人以上、大学院、専攻科を加えると総計49,000人にもなります。いずれもキリスト教に基づいた正義と良心を重んじる精神を持った人財が各分野、各地で活躍しています。その活躍の故に、本学への信頼を集め、さらに学生の学びの成果への期待は大きなものになっています。

 本学の母体である北星学園は、アメリカの宣教師サラ・C・スミスによって1887年に設立された「女子寄宿学校」に由来するものです。数年後に、「北星女学校」と改められました。この校名については、当時女学校の役員で授業科目も担当していた新渡戸稲造の助言があったと言われています。後の「武士道」の著者である新渡戸は、札幌農学校時代に同期であった内村鑑三らとともに深くキリスト教に感銘を受け、また、当時女性には良妻賢母を求める時代にあって、「その前に、良き人間になるために学ぶこと」を説きました。さらに、経済的に厳しい子どもたちのために、無料の「札幌遠友夜学校」を設立するなど社会教育の必要を強く認識していました。新渡戸は、後に国際連盟の事務次長としても人種差別撤廃の活動など世界的平和のために奔走しました。この平等、奉仕の信念によるヒューマニティ教育は、北星学園の教育にも大きな影響を与えました。 

 本学では、欧米やアジアの多くの姉妹校との交換留学などのプログラムを結び、異文化をつなぐ国際交流が盛んです。さらに、学生による東日本大震災などにおけるボランティア活動、地域活性化、福祉支援などのボランティア活動が多様に展開されていることなどに北星の愛の献身、社会的関心、社会貢献、グローバルな視点の継承が息づいているのです。

北星学園大学短期大学部の卒業生の声一覧

更新日時:

イチオシ校

pagetop