概要

武庫川女子大学短期大学部のキャンパスは、併設する武庫川女子大学と共通で、教室や設備も大学と一緒に使用する。授業も大学と同じ教員が担当し、高いレベルの学びの場を提供している。カリキュラムは、教員免許や各種資格取得のための実践的な内容で、2年間で集中的に学ぶ。また、卒業後は就職だけではなく、大学への編入学制度も用意されている。

<<学科・定員>>
社会で活躍できる即戦力を育てる7学科があり、約1,500人の学生が学んでいる。教員免許や各種資格取得のための実践的なカリキュラムを編成している。

<<キャンパス情報>>
大阪と神戸の中間、西宮市にキャンパスがあり、阪神「鳴尾」駅から徒歩約7分という好立地。この他アメリカ分校(米国ワシントン州)がある。東京には「東京センター」があり、首都圏での学生の活動を支援している。
●中央キャンパス
大学・短期大学部合わせて約1万人が学ぶキャンパス。最新の設備を備えたマルチメディア館や図書館、体育館など大型施設が多数あり、さまざまな分野で学ぶ学生に対応した環境を整えている。
●編入学
卒業後もさらに深く勉強したい、上級の資格を取りたいという学生のために、大学への編入学制度を設けている。(2018年度は261人が志願し151人が合格)共通教育科目
共通教育科目は、大学・短大、学部・学科・学年に関係なく、自らの興味に応じて科目を選択して受講できる。
●特別教育科目
2~3月に開講。さまざまな講座があり、資格対策・就職対策の講座も充実している。

<<海外留学制度>>
アメリカ・ワシントン州のスポケーン市にアメリカ分校(Mukogawa Fort WrightInstitute・略称MFWI)がある。英語キャリア・コミュニケーション学科の学生は全員が留学し、生きた英語を学び国際感覚を磨く。他学科の希望者も夏休みに3 週間、留学することができる。

<<施設・設備>>
●公江記念講堂…約2,500人を収容する本格的なホール。入学式や卒業式のほか、文化祭などでも使用される。
●学生寮…キャンパスの周辺には3つの学生寮がある。各寮の定員は約50人~100人。
●総合スタジアム…陸上競技用トラックなどがあり、授業や体育祭、クラブ活動で使用されている。広さは約44,200m2。
●中央図書館…地下1階地上6階の建物で、約60万冊を所蔵。学生のアイデアを取り入れ、楽しく集い、学べる空間となっている。

武庫川女子大学短期大学部 (短期大学-短大)

〒663-8558 兵庫県西宮市池開町6-46

学部・学科・コース・専攻

アクセス(地図・住所・所在地)

〒663-8558 兵庫県西宮市池開町6-46阪神電車「鳴尾(武庫川女子大前)」駅から徒歩約7分武庫川女子大学短期大学部アクセス-地図-住所のアクセス情報

更新日時:

pagetop