群馬医療福祉大学短期大学部
短大群馬県

〒371-0823 群馬県前橋市川曲町191-1

パンフ追加

気になるリストに追加

群馬医療福祉大学短期大学部の資料をすぐにもらう

先生・教授・講師からのメッセージ

群馬医療福祉大学短期大学部

清水久二雄

清水久二雄
医療福祉学科

キーワード「アクティビティ・サービス」

キーワード「アクティビティ・サービス」について、教えてください。

人は、「ワクワク・ドキドキ」と心が動くことで活動し、行動します。アクティビティ・サービスは生活のあらゆる場面の中に散りばめられた「快さ」を支援することによって、利用者様一人ひとりがその人らしく活き活きと生活するための支援です。

本学ならではの学びを教えてください。

利用者様と支援者の間は良きパートナーシップという人間関係を築くことが大切だと思います。そのためには「礼儀・挨拶」や、「利用者様の尊厳を保持する」ことが重要であると考え、それらの態度を学びに反映しています。知識をインプットするだけではなく、そこから「アイデアを創造する」、利用者様の多様性を重視し「楽しみを科学する」、様々な価値観を了解し「その人らしい生活を創造する」ために、体験的な学びやグループワーク、創造したものを発表するといったアウトプットする機会を重視しています。

先生が今の分野を目指したきっかけ・理由を教えてください。

学生時代「アクティビティ・サービス」の考え方に出会い、共感し、要介護の高齢者や障がいのある人が活き活きと生活する支援に興味を持ち、高齢者施設で24 年ほど従事しました。実際に人が「快く」生活するための支援には、その人の人生史、価値観、支援者の思考の柔軟性、支援の量とタイミングなどを考える要素が多く、実際にそれを支援するのは難しいと感じました。しかしその反面、利用者様の笑顔や、時には泣きながら喜ばれる姿に出会えたときは、多くの感動を味わうことができ、やりがいを感じて働いていました。改めて「快さの支援を科学する」ということを学ぶこで、皆さんにもこの感動ややりがいを感じて欲しいと思っています。

群馬医療福祉大学短期大学部の卒業生の声一覧

更新日時:

イチオシ校

pagetop